• ホーム
  • ラミシールは皮膚真菌症が対象の薬で子供も使えます

ラミシールは皮膚真菌症が対象の薬で子供も使えます

蒸れた靴の中や汗ばんだ肌のたまらない痒みが悩ましい水虫やたむし、一刻も早く治したくても治療は意外と長くかかるものです。
途中で止めると再発するので厄介です。

少しでも早く治したいのであれば効果が確かな医薬品選びが大事です。
医療用成分と同じテルビナフィンを含むラミシールは優れた抗真菌作用で速やかに原因菌を殺菌します。
たとえば水虫やたむしの原因となる白癬菌は頑固ですがラミシールは素早い効き目と高い安全性で多くの人から治療薬として選ばれます。

水虫だけが対象の薬はありません、同じ白癬菌によるたむしも対象の薬です。
また、大人だけではなく子供にも使えます。
ただし、子供への使用は必ず大人が行うか監視下に限りましょう。

ラミシールには患部の状態によりいくつかのタイプの中から最適なものを選べます。
水疱はできているが表面が乾いているものには液状、スプレー、ジェルタイプを、水疱が破れていたり浸出液で湿っているようであればクリームという選択で良いでしょう。
ただ、外用薬では効果が期待できない爪白癬(爪の水虫)は対象の薬ではありません。
皮膚科で内服薬を処方してもらう必要があります。

ラミシールは効果が高く子供にも使える安全な医薬品ですが、使い方を誤ると思わぬ副作用などが出る可能性があります。
使用してはいけない部位に使用したり、水虫のようで水虫ではない別の皮膚疾患だという場合などがそうです。
製品に添付されている説明書をよく読んで注意点を理解した上で使用するのが大切です。

市販薬をためすのは手軽で良いのですが、しばらく使用しても効果がなかったり症状が悪化するようであれば使用を中止し皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

関連記事